スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
河童
日々窯には、土と炎から生まれた生きもの達が、数多くいますが、河童は昔からいる住人です。20140728212547931.jpg数年前に、知人から頂いた蓮が少しずつ増えて、この夏も、河童たちの周りで綺麗に咲いています。
2014072821283989a.jpg
20140728213759ae7.jpg私が河童を造りたがるのは、それが伝説上の生きものだからだと思う。何かしら、自由な気持ちで創作できるから。彼らは、綺麗な川に住み、楽しく遊び回り、時々、人間にいたずらをして、綺麗な川を汚さないように、訴えている様うな気がする。そんな河童達のことを、現代の子共達が忘れて仕舞わないように願いながら、私は、河童を造っているのかもしれません。
20140728215049865.jpg


スポンサーサイト
未分類 | 22:36:53 | トラックバック(0) | コメント(0)
気二ナルトコロ
最近、気二ナツテイル場所を紹介します。赤煉瓦造りの、橋脚のある鉄橋。小学生の頃、良くこのような鉄橋の下の川で、魚取りをして遊んでいたことを思い出す、列車が通る度に友達と、大声で叫び合っていたが、振動と共に、もの凄い音がして、その声もかき消され、異常に興奮していた。
20140723185259526.jpgこの鉄橋は、その下を通る度に、小学生の頃の自分に、会えそうな気がする、タイムマシンのような場所。
20140723185352f7f.jpg田んぼの中にぽつんとある、勝手に、モヒカン山と呼んでいる、丘のような場所。ここはきっと古墳だと思う、それも円墳に違いないだろう。この辺りには、他にも古墳が点在しているから。田んぼの持ち主が、丁寧に畦道の草刈りをしているので、丘の上の方だけが刈り残されて、どうしても、モヒカン刈を連想してしまう。。
201407231854395cb.jpg壁のトタンの赤錆びた色と、隣の蔵の漆喰の白色と、若い稲の緑が、夏空の青に映えて、可愛らしく見えてしまう。この写真は、このお宅の裏側なのですが、表は現代的な洋風の立派なお家なのが、ちょっと残念かも、大きなお世話だと言われそうですが。
2014072318505025a.jpg


未分類 | 20:54:42 | トラックバック(0) | コメント(0)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。