スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
初秋の一日
暦の上ではもう秋だと言うのに、35度を超える暑さのなか、近くの老人会の陶芸教室に行って来ました。暑さのなかおしゃべりも楽しみながらの作陶でした。教室から帰る途中、雲の切れ間から差しこむ陽光に照らされて、黄金色に輝く稲穂が美しかったので、写真を撮っておこうと思って出かけることにしました。201608281439333f4.jpg愛犬の小春が途中までついてきましたが、いつの間にか帰って行ってしまいました。
2016082814420731f.jpg
201608281442210cf.jpg農家さんたちは稲刈りの準備で、畦刈りを忙しくしていました。
20160828143735c14.jpg一面の稲穂の上空には、鱗雲と筋雲が広がって、秋が少しずつ近ずいている事を教えてくれます。
20160828143804fa8.jpg夏の間、美しく咲いていた蓮も花から実とかわりました。

20160828144016f40.jpg今年初めて蓮を生けてみました。
20160828144037613.jpg家の裏には、名前も知らない秋草や鬼うどの花も。
20160828143955d25.jpg
20160828143857727.jpg移り行く季節を花器に生けることは、田舎者のささやかな幸せです。
20160828144122b9a.jpg
突然きびすを返して近ずく台風10号が大きな被害を残さないように願いながら、空を見上げました。

スポンサーサイト
未分類 | 12:49:01 | トラックバック(0) | コメント(0)
岩肌
毎朝、散歩の途中に、不動の滝と呼ばれている所があり、その周りには、古く大きな岩があります。そんな岩肌が、私は大好きなのです。20160803144625a9a.jpg
2016080314471396e.jpg例えば、この2メートル以上はある花崗岩の苔た肌の複雑な色、穴窯で焼かれた伊賀焼きに通じるものがあると思います。
201608031447595ea.jpg
20160803144838330.jpg
20160803144904c2c.jpg長い長い年月、川の流れに刻まれた、老人の皺のような岩肌は、有名な古伊賀の水差し銘破れ袋のひび割れを想像させます。

2016080314545751d.jpg自然の美しさにはかなわないことは、わかっているけれど、こんな迫力のある岩肌をみると、創作意欲が湧いてきます。
2016080314495681a.jpg
20160803144937fff.jpg
201608031450418f1.jpg
2016080314513261a.jpg半分以上を苔に覆われたこの岩は、伊賀焼きの焦げとビードロを連想させてくれます。その昔、茶人が求めた詫びさびの世界というものなのでしょうか。
20160803145205ae8.jpg
20160803145302b1a.jpg
201608031452472f3.jpg今気になっている岩が、この2個です。
20160803145431c3f.jpg
2016080314545751d.jpgこの岩から感じるものを、どうやれば花器の中に表現できるのかな、、とそんなことを思いながら散歩している近頃です。


未分類 | 16:44:52 | トラックバック(0) | コメント(0)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。