スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
いつまにか夏が、、。
今年の夏は、猛暑で残暑が厳しいでしょう。と、テレビの天気予報は、伝えていた。ところが、いつの間にか、夏が過ぎ去っていった。たわわに実った稲は、近日中に、刈り取られてしまうだろう。20170906112125928.jpg山桜の葉が、早くも色づき始めている。裏山の奥で、つくつく法師が、行く夏を惜しむかのように、小さく泣いている。
20170906112201fd7.jpg花の少ない夏を彩った、蓮の花もすっかり落ちてしまった。
201709061122324df.jpg草刈と薪割りに追われている間に、いつの間にか、今年も伊賀焼き陶器祭りが、目前に迫ってきた。新作の、紅葉の柄をモチーフにした、錦鯉は、まだ一匹しか、焼き上げていない。
20170906112314fb3.jpg
20170906113558a07.jpg岩肌の花器は、充分に乾燥させなければならないので、連日、外に出して、天日干ししてしる。

20170906112357f87.jpg幸い、好天が続いているので、良く乾いてきた。
20170906112433358.jpg花器は、焼き色が大切だ、偶然でも、イメージ以上の色が出た時に、この仕事の、醍醐味を感じる。

2017090611245988a.jpg陶磁器祭りが終わると、秋の夜、上野城下で催されるイべント、華と灯りプロムナード、に参加する。今年は動物をデザインした、陶灯りを展示しょうと思っている。この作品は深海魚をイメージしてみた。
20170906113423b1b.jpgこの模様のカメレオンの陶灯りは、以前から作りたかったものだ。
20170906113446bd7.jpg亀の陶灯りは、最初のイメージとは違ったものになった。
201709061135099f7.jpg陶灯りは、床や壁に漏れる、光の模様の面白さと温かさが大切だと思う。これから数日間、大事な窯炊きが続く。ちなみに、第37回伊賀焼き陶器祭りは、9月22日、23日、23日の3日間、スパーク阿山、という屋内ゲートボール場で開かれます。年に一度の伊賀焼きの窯元、作家さんが大集合の3日間です。個性が、たっぷりです。


スポンサーサイト
未分類 | 12:08:08 | トラックバック(0) | コメント(0)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。